トップページ > 安曇野市夜間急病センター

安曇野市夜間急病センター


安曇野市医師会と安曇野市では、平成19年春より「夜間急病センター」を開設しております。

現在、安曇野市医師会の会員数は122名、病院は5施設・診療所は64施設が所属しています。
しかし松本広域小児二次輪番制に組み込まれているのは安曇野赤十字病院のみであります。 この赤十字病院が当番病院でなかった場合、市民は松本市、更には塩尻市まで行かなくてはならず、往復だけでもかなり時間がかかってしまいます。 冬の寒い時期は特に大変になります。

安曇野赤十字病院は言うまでもなく安曇野市およびその周辺地域の基幹病院の一つであり、毎年多数の救急患者の診療に当たっており、その役割は極めて重要であります。 平成17年の全科救急患者総数は11,853人、その80.5%は軽傷でありました。 安曇野赤十字病院は本来2次、3次の救急を担う病院であります。 軽傷の救急患者さんが多数来院する事により、病院の医師やスタッフが疲労困憊してしまうといった事態は、基幹病院としての高度で良質な医療の提供を妨げる事になりかねません。
 安曇野市医師会は住民の皆様の安心につながることを願い、また、安曇野赤十字病院の負担が少しでも軽減され、その本来の姿を取り戻していただくことを願って「夜間急病センター」を立ち上げました。

この施設は、急な患者さんの現在困っている症状を取り除き、患者さんやご家族に安心していただくことを主な目的としております。 従って、対応可能な患者さんは軽度な方に限らせていただきますが、対応できない患者さんにつきましては、対応可能な2次病院を紹介するよう手配致します。
これらの点をご理解いただき、この「安曇野市夜間急病センター」をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

 

「安曇野市夜間急病センター」概要
(主として内科・小児科における夜間の1次救急を目的とする)

1.名称
安曇野市夜間急病センター
安曇野市夜間救急センター案内図
2.設置場所
〒399-8205 
安曇野市豊科4111番地1 安曇野市医師会館内
TEL/0263-73-6383
3.開設年月日
平成19年4月11日(水)
4.開設者
安曇野市長 宮澤宗弘
5.管理者
一般社団法人 安曇野市医師会会長 煖エ千治
6.運営
安曇野市
7.診療日
月曜から土曜日
8.休診日
日曜日、祝日、年末年始(12月30日〜1月3日)、お盆(8月14日〜8月16日)
9.診療科目
小児科、内科
10.電話受付時間
午後6時30分から10時まで
11.診療時間
午後7時から10時まで